La embajada consulado Oficina Comercial Sobre Ecuador Galeria

Cultura








エクアドルは、極めて豊富な石油資源にめぐまれています。石油は、エクアドルにとって、重要な外貨収入源になっています。これを最も効率的に開発したいと 考えている投資家にとっても同様です。

エクアドルの「炭化水素法」は、民間企業による油層採掘と自由な石油派生物売買を認めています。









エクアドルは、その国土全体にわたって、豊富でさまざまな鉱物資源を有しています。エクアドルの埋蔵鉱物は、まだ、多くが未採掘です。金、銀、鉛、マグネ シウム、鉄そして銅などの金属鉱物に加えて、石膏、生石灰、石灰岩、粘土、硫黄、燐産鉱物などの非金属の存在が確認されています。


エクアドルの「鉱業法」は、その一般条項で、内外の企業、個人に対する鉱業採掘権のコンセッションを明確に定めるとともに、こうした活動の促進を目指して いることを明らかにしています。










エクアドル沖200海里では、冷たいフンボルト海流と暖かいエルニーニョ海流が合流するため、極めて豊富な水生物資源をもたらしています。このためエクア ドルの水産部門は、鮮魚、魚肉を利用した種々のビジネスに大きな可能性を持っています。

まぐろ、えびの捕獲、加工は、特にすばらしい投資機会です。







エクアドルの森林資源は、豊かで非常に多様です。

この貴重な天然資源を保護、保存、維持するように考えられた森林開発・再植林政策によって、エクアドルの森林部門は、効果的に保持されています。








エクアドルは、商業的で輸出を指向する農業開発に有利な、非常に豊かな作物基盤、豊富で安価な労働力、利用可能な技術を有しています。このことは、適当な 資本と企業家精神に富む投資が得られるならば、国内市場においても国際市場においても、競争上、大いに優位性を持つことを意味しています。

たとえば、エクアドルは世界一のバナナ生産国であり輸出国です。エクアドルのバナナは地球上のあらゆる市場で売られています。日本とエクアドルは地理的に 遠く離れていますが、にもかかわらず、日本で売られているバナナの五本に一本はエクアドル産です。

果物、野菜、花卉栽培、砂糖、糖蜜、油子、穀類(食用、家畜用飼料、ビール生産用)、とりわけ乳製品は、容易に実行可能な収益性の高い投資機会があるもの です。







エクアドルの農水産加工物生産の現在とその将来性は世界的に広く知られています。バナナ以外に国際市場の競争に伍して成功しているエクアドルの産物には、 コーヒーとココアがあります。えびの養殖は、外貨獲得に最も重要なものの一つとなった成長産業です。これは、エクアドル領海における豊富な漁獲高と高い加 工技術水準によって可能となりました。エクアドルの花卉も世界中のマーケットで売られています。織物、木製品、手工芸品は、多くの国際市場に非常に良い隙 間(ニーチ)を見つけました。これらは最高の品質を評価する顧客によって引く手あまたです。







エクアドルは、雄大で豊かな種々の生態に恵まれてきました。それは、雪を冠る山々からジャングル、白い砂浜、そしてもちろん、世界的に知られるガラパゴス 諸島にまで及んでいます。

その結果、伝統的な観光産業投資にもエコツーリズム開発プロジェクト投資にも広範な投資機会が存在しています。