inicio
La embajada consulado Oficina Comercial Sobre Ecuador Galeria

Cultura


国のシンボル

       bandera

    国旗


      escudo
      紋 章



国歌



要約

おお祖国 よ!

栄光あれ! わが祖国は喜びと平和で溢れ

太陽よりも明るく輝いている。
   
II

祖国の先祖 たちは

壮大なピチ ンチャ山を常に敬愛し

その血を奉 げてきた。

やがて神はその犠牲者を受け入 れ
その血を糧とし新たな英雄を生 んだ。
何千もの英雄の出現に世界は驚 嘆するだろう。





基本情報

 エクアドル共和国は南米の北東部に位置し、その大変変化に富んだ地形により、地球上でも最も生物学的多様性に富んだ国の一つである。4つの異なる地域:「コスタ」(海岸地帯)、「シエラ」(山岳地帯)、「オリエンテ」 (熱帯雨林地帯)、「ガラパゴス諸島」を有する。


首都のサン・フランシスコ・デ・キトはピチ ンチャ県にあり、市街地は海抜2,850mのアンデス山脈の中央にあり、近くに地球を 二分する赤道が通っていることから、スペイン語で赤道を意味する「エクアドル(Ecuador」が国名の由来となっている。


正式国名 エクアドル共和国
首都 キト
大統領 ラファエル・コレア・デ ルガード
Rafael Correa Delgado
公用語 スペイン語(先住民族のほとんどはケチュア語)
その他の言語 先住民族のほとんどはケチュア語を話しています。また、アマゾンに住んでいる先住民は様々な言語を話しています。
面積 25万6千370平方キロ(本州とほぼ同じ大きさ
人口 14.483.499人(2010国勢調査
民族的配分

メスティソ 71.9

モントゥビオ 7.4

アフリカ系7.2

インディヘナ7.0

白人  6.1

そ の他    0.4
通貨 米 ドル(2000年 より)
一 人当たり国 内総生産 US$1,7592010
イ ンフレ率 5.41% (2011年 の累積)
国 債 US$986870/ US$514610万 (個人)
国 民貯蓄 US$295760
石 油を除く輸出高 US$75630万 (201111月)
石 油輸出高 US$9010万 (201111月)
時差 -14時間(日本から14時間の遅れ)

歴史

1822年のピチンチャの戦いの後、エクアドルはスペインの植民地支配から独立。シモン・ボリバルの統率するグランコロンビアの中に併合されました。

1830年にグランコロンビアは解体し、以後独立国として存続しつづけています

今までの歴史の中で、エクアドルには穏健保守派の政府と、軍事政権が入れ替わり登場してきましたが、いかなる統治の下でも穏健な政治体制をくずすことはあ りませんでした。